内臓脂肪 減らす 方法

内臓脂肪を効果的に減らす方法

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪で、たまりやすく落ちやすいのが特徴。男性や閉経後の女性につきやすい脂肪です。加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。 ■内臓脂肪のチェック
内臓の周囲につくので外見からは分かりずらく、内臓脂肪がついているかどうか正確に見るにはCTスキャンなどで断面映像をチェックします。体脂肪計なら内臓脂肪がレベル表示で多いか少ないかが分かります。
内臓脂肪は外見では分かりずらいので、体脂肪計があると便利です。

内臓脂肪型肥満は、別名リンゴ型肥満といい、上半身からお腹周りを中心に脂肪が過剰に分布していて、お腹の周りがリンゴのように膨れた形状となるためこのように呼ばれています。
また外見的にはやせて見えても、体脂肪率を測定すると値が高い人を「隠れ肥満型」とも言います。

■内臓脂肪の燃焼のために
内臓脂肪はつきやすいですが、皮下脂肪より燃焼しやすく、運動や食事の見直しで燃焼させることができます。
内臓脂肪は、筋肉を動かす熱源として使われるので、脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発です。ということは、皮下脂肪と比べて、運動・食事の改善などで楽に落とすことができます。

■内臓脂肪を減らす方法
つきやすく、落としやすいといわれる内臓脂肪。内臓脂肪を減らす方法は食事の改善と運動です。 内臓脂肪を減らす方法としては、食べないでやせる、というのは逆効果。
急激なダイエットはリバウンドによってやせにくい体になってしまう可能性があります。
内臓脂肪を減らすためには、1日に必要なエネルギー量を認識し、栄養のバランスを考えた食事を規則正しくとること。特に体の代謝をよくするビタミン、ミネラル、食物繊維などを意識して摂取するようにしましょう。
また内臓脂肪をより積極的に燃焼するために、適度な運動をすることが必要です。

具体的な方法は ↓
脂肪を減らす食事
体脂肪燃焼ですること・心構え
脂肪を落とす運動

↑ PAGE TOP